HOME > 食育

食育について

玄米和食

 「食べることは、生きること」だと思います。私達は、日本人が昔から食べ続けてきた穀物や野菜・芋などを使った、だしと素材の味を活かした煮物や和え物、味噌汁が中心の「本物の味」を子ども達に味わってもらい、「本物の味」を選ぶことのできる、「生きる力」を持った子ども達に成長してほしいと願っています。 そんな想いから、幸輪保育園の給食は、玄米を中心とした旬の野菜たっぷりの和食の献立です。よく噛んで食べることで甘みが出る玄米は酸性の食物なので、体の中のバランスを取るために、アルカリ性の食物である「ま・ご・は(わ)・や・さ・し・い」と組み合わせて献立を立てています。

  • ”ま”・・・・・まめ(豆類)
  • ”ご”・・・・・ごま
  • ”は(わ)”・・・・・わかめ(海藻類)
  • ”や”・・・・・やさい
  • ”さ”・・・・・さかな
  • ”し”・・・・・しいたけ(きのこ類)
  • ”い”・・・・・いも(芋類)

セミバイキング形式

 給食は各教室ではなくランチルームで食べます。 園児が給食を食べにランチルームに行くと、エプロンと三角巾をつけたバイキング係の園児が給食をよそってくれます。園児は、「すこしくださ~い」「たくさんくださ~い」など、自分が食べられる(食べたい)量を言ってよそってもらいます。 食べ終わったら、茶碗・皿・箸・トレーなどを決められた場所に自分で片付けます。

離乳食

 それぞれの子どもに対応できるように幸輪保育園で独自に作成した離乳食進行表を基に、保護者と保育士と話し合いながら進めていきます。 乳児期は味覚が発達する大事な時期なので、離乳食は素材そのものの味と素材から出るだしの味を活かした味付けです。 手づかみ食べをたくさんさせることで、自分で食べることができた達成感や食べる喜びを感じられ、「食べたい」という意欲を育てます。

除去食

 アレルギーのある子どもに対しては、医師の診断書を基に、保護者と話し合いながら除去食を実施しています。

病児食

 体調の悪い子どもに対しては、保護者からの申し出に基づいて、献立(調理内容)を変更しています。(給食変更願い

食育活動

 子どもたちが、自分たちが食べているものを知り、「食」に対して興味を持ってくれるように、その日の給食に入る野菜を展示したり、給食で食べる玄米や野菜を子どもたち自身で洗ったりしています。給食で使用する味噌も、子どもたちが自分たちで仕込んだものを使用しています。 また、季節ごとの食材と触れあえるように、収穫やクッキング活動を行っています。

  • 米とぎ
  • 味噌づくり(年6回)
  • じゃがいもの収穫→クッキング
  • 梅干し作り
  • ミニトマトやキュウリなどの栽培→クッキング
  • さつまいもの収穫→クッキング
  • もちつき会
Copyright(c) 社会福祉法人幸輪会 幸輪保育園 All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲